コミュニケーション力を上げたければ落語を聴け!

 

コミュニケーション力を上げたければ落語を聴け!

 

コミュニケーション能力はビジネスパーソンにとってさまざまな局面において必要とされる能力です。言葉はもちろんのこと文字そして表情、態度、目つきなどすべての体の部位を使って人はコミュニケーションをする。

 

 

しゃべりがうまく非常に饒舌なのに信用できない人もいるし、無口でも説得力に溢れた人もいる。私たちを取り巻く環境には言葉以外にも顔つき、目つき、しぐさ、服装、においなど言葉以外に膨大な情報がコミュニケーションの要素になる。

 

 

たとえば、「ジャパネットたかた」の高田社長はあの声で売上を作ってきた。

声でいえばアナウンサーの人たちにかなうわけがない、また声優の人たちのように感情豊かにしゃべることも出来ない。商品知識や流暢な話し方なら他にも優れた人たちは多い。

しかし、「ジャパネットたなか」が伝えたい商品とあの場に最高にマッチしている。だから効果的なのだ。

 

 

 

人は見た目で判断する

 

私たちの周りにあふれている言葉以外の膨大な情報を研究している「ノンバーバル・コミュニケーション」という領域がある。言葉よりも多くの影響を与えている情報があることが発表された。アメリカの心理学者アルバート・マレービアン博士は次のような実験結果を発表している。

 

 

顔の表情  55%

声の質(高低)、大きさ、テンポ  38%

話す内容  7%

 

 

話す内容で伝わるのは全体のわずか7%に過ぎないという。

その他、93%は見た目、服装、態度、声の質などの総合的な情報で人は判断をしている。

 

 

「目は口よりも雄弁である」ともいう。

 

 

しかし、何も語るのは口や目だけではない、態度からもそれはわかる。

 

 

たとえば、人の話を聞いているときにガッチリと腕組みをしている人は「拒否」の意思を表している。また頬杖をついている人に「まじめに聞いてるの?」ときくと。「ああ、聞いてるよ」と答えるが実際には聞いていない。結局、言葉はあまりあてにならいということである。

 

 

 

 

「聞く」ことをひとつとってみても、相手の話を引き出すための相づちの打ち方がある。

 

「は・ひ・ふ・へ・ほ」で聞けという。

 

「は~」「へ~」「ほ~」とけ「ひぃ~」「ふう~」とか相づちをいれると相手は気持ちよくいろんな話を次々してくれる。

 

聞き上手な人と話していると初対面でも非常に打ち解けいつの間にか営業トークにのせられてしまうこともあるから気をつけないといけない。

 

 

そして「伝える」にも言葉で伝えることもあれば、メール、企画書、手紙など文字で伝えることもある。ただ「伝える」といっても「話す」「書く」そしてもちろん「聞く」能力も必須といわれている。

 

 

最近はコミュニケーションの研究もかなり進んできている。コーチングとかコンサルティングさらにカウンセリングなど、どの位置からどの方向に向かってコミュニケーションするかによって名称も変わる。NLPに下記のような手法もある。

 

*NLPとは・・・エヌ・エル・ピー(神経言語プログラミング)という、アメリカで開発された心理学の一種です。

■傾聴する

傾聴とは、カウンセリングの生みの親、カール・ロジャーズが編み出した技法です。会話する相手の心に寄り添い、積極的にコミュニケーションを取っていくためのスキルで、カウンセリングのみならず、さまざまな場面で活用されている。

話をしている時、つい相手が話している途中で口を挟んでしまって相手の話の腰を折ってしうことがある。相手に気持ちよく話をしてもらうためには、相手の話が7、自分の話が3くらいでちょうど良いという説がある。

■アイ・アクセシング・キュー(視線誘導)

アイ・アクセシング・キューとは、NLP*のスキルのひとつです。
人と話している時、相手の目が左右や上下に動くことがよくある。実はこの目の動き、「視覚」・「聴覚」・「体感覚」にリンクしていると言われています。

 

 

学生の頃の、入学式のワンシーンを思い出してみてください。
校長先生が壇上で話している様子を思い浮かべたなら、視線は左上に、みんなで歌う校歌の歌声を思い出したなら左横に、ちょっと緊張したような、ぴりっとした空気の感じを思い出したならきっと右下に動いているでしょう。
一般的には、目を左側に動かすと過去の記憶へのアクセス、右側に動かすと空想や未来の想像へのアクセスだと考えられています。また、斜め上は視覚、水平は聴覚、斜め下は体感覚や内面との対話へのアクセスだとされています。

具体的な組み合わせは、つぎのとおりです。

 

左上に動く…映像・画像の「記憶」

右上に動く… 映像・画像の「想像」
左横に動く…音声の「記憶」
右横に動く… 音声の「想像」
左下に動く…自分の心との対話
右下に動く…触覚や嗅覚、味覚などの体感覚

このアイ・アクセシング・キューは、視線を動かすことで、自分が望む領域にアクセスする、という使い方もできます。例えば、先週会った人の顔が思い出せないとき、視線を左上に向けてみると、思い出せるかもしれません!

 

■10分間素読

素読とは、テキストを解釈せず、そのまま声に出して読み上げることです。実際に試してみると驚くのですが、目で追って字を読むよりも声に出して読むほうが、その文章の理解が深まります。

 

そして自分で書いた文章を客観的に見るために音読してみるとは非常に効果的です。読んで気付くことは文章のリズムです。書いているとき、あるいは黙読で読み返しているときには気付かないリズムの悪さを声に出して読むことで気付くことが出来ます。

 

リズムが悪いと読み手は文章を理解しづらい、たとえ文脈が通っていても頭に入りにくいものです。

 

落語を聴けばコミュニケーション力は上がる!

 

 

伝える技術で一番ヒントになるものは落語です。

りんたろうはもう亡くなった桂枝雀さんの落語を始めて当時のウォークマンで聴いた時の感動が今でも忘れられない。

 

 

一瞬のうちにりんたろうをその世界に引き込んでいったあの語り口はなんだろう!

 

一流の落語家は間の取り方が絶妙に見事です。一瞬止めて、間合いを取ったかと思うとまた立て板に水のごとく話を続けていく。それだけでその世界に引き込まれていく。次の展開はどうなるのかともう興味津々、思わず惹きこまれるとはこの事を言うのだろう。

 

 

同じ内容でもまだ修行の身の落語家とはこれが同じ内容だったのかと一瞬疑ってしまうほどの技量である。

 

ビジネスパーソンも営業、プレゼンなど色んな場面で提案を行うことがある。話が上手な人は内容がたいしたことがなくても話が決まる事がよくある。

 

コミュケーションは落語を聴くだけでも大いに勉強になる。

 

 

朝活に来る人がよく、『コミュケーション力を上げたい』と言う理由で参加する人がいる。コミュケーションとは特別な技術ではない。日々の中で親が子供に、先生が生徒に、そして友達に何か伝えるあるいはお願いする行為は全てコミュケーション力です。

 

朝活で色んな人、普段会わないような人たちとその時その時のテーマに触れる事でいつもと違う情報に触れて考えて話す。これはコミュニケーション力を劇的に上げてくれる。

 

予定調和を崩す環境に身を置くことはきっと自分のフィールドを広げ、コミュケーションの巾を広げてくれると思います。

 

 

『迷った時は一歩前に!』

 

 

これがりんたろうのモットーです。

 

 

【参考文献】

「人は見た目が9割」 竹内一郎  新潮新書

「伝える力」  池上 彰  PHPビジネス新書

「女は男の指を見る」  竹内久美子  新潮新書

 

 

関連記事

  1. 2017元旦

  2. 朝活にどんなメリットがあるのか?

  3. 7つの習慣ボードゲーム開催報告 人形町 2018/01/18

  4. 倒れない1人立ちするホンダのバイク

  5. 早起きは三文の得は本当か?

  6. 新築マンションが売れなくなってる!

  7. 悪戦苦闘のスタート!

  8. 30代の過ごし方が君の人生を決める

【朝活】月曜日、水曜日、金曜日の予約はこちらから(JR東京駅日本橋口)

クービック予約システムから予約する

【朝活】火曜日と木曜日の予約はこちらから(JR東京駅八重洲北口)

クービック予約システムから予約する

【朝活】土日 祭日の申し込みはこちら(人形町)

クービック予約システムから予約する

キャッシュフローゲーム会参加はこちら(東京 中央区)

クービック予約システムから予約する

公認ナビゲーターが教える「7つの習慣ボードゲーム会

クービック予約システムから予約する